PvP Freaks | PvPのコアでシンプルな情報を。

PvP Freaks Logo

【戦いを読む】ウォーリア VS ヴァルキリー(アスカ視点 VS mosyonori)ーSTRIBE LEAGUE MASTERS【黒い砂漠Mobile】

TOP/ウォーリア(黒い砂漠モバイル)/【戦いを読む...

ウォーリア

【戦いを読む】ウォーリア VS ヴァルキリー(アスカ視点 VS mosyonori)ーSTRIBE LEAGUE MASTERS【黒い砂漠Mobile】

2019.05.11

著者:アスカ

『STRIBE LEAGUE MASTERS』アスカが選ぶベストバトル!VS ヴァルキリー、mosyonori。

目次

プロローグ「対戦相手との関係」

私は、黒い砂漠モバイルの日本リリースに向けて、スタートダッシュを決めるために2019年1月頃より、台湾版をプレイしておりましたが、その時、もしょのりさんとけろふぇんさんに出会いました。
プレイ当初は、親善試合に関してもしょのりさんの方が上手く、何度も負けていました。
それでも、いつかは勝ちたいと思い、練習を続けた結果、徐々に勝てるようになりました。
今回のマスターリーグでは、彼との闘いにより、成長を確かめる場でもありました。

戦闘前準備①「どうやって攻める?」

ヴァルキリーヴァルキリーにおいて、起点となる重要なスキルは以下の4つだと考えています。

(1)ウォーリアスキルボイドシールド
(2)ウォーリアスキルトワイライトスカー
(3)ウォーリアスキル回転切り
(4)ウォーリアスキルキャッチ&スロー

上記のスキルは使用する際、返り討ちに遭うリスクが少ないので積極的に使っていき、転倒させた後コンボという流れを狙います。
特にウォーリアスキルキャッチ&スローをしっかり決めることができれば、相手に大ダメージを与えることができますので最重要スキルだといえます。

戦闘前準備②「ヴァルキリーの気持ちを考える」

ヴァルキリーヴァルキリー側は何を警戒しているのかを考えます。
もしょのりさんが使用する「つんつんStyle」は、
ヴァルキリーエリアンの加護→ヴァルキリーシャープライトによる苛烈な攻めをメインとします。
ヴァルキリーエリアンの加護使用時、7秒間のスーパーアーマー状態となり、防御力も増加します。
そのため、仮にウォーリアスキルトワイライトスカーを打ったとしても大したダメージを与えられず、転倒させることもできないので結果的にダメージレースで負けてしまいます。
そのため、ウォーリアウォーリア側としては、スーパーアーマーを無視する投げ技
特に、発生が早いウォーリアスキルキャッチ&スローがもっとも有効な技となります。
当然、この技を相手は一番に警戒してきます。
実際、もしょのりさんがヴァルキリーシャープライト中に回避しているのを何度も見ており、この技を警戒しているのだろうと推測できます。

こちらは、その裏を突こうと思います。

試合開始

黒い砂漠モバイル PvP ウォーリアvsヴァルキリー

試合開始直後、ヴァルキリーエリアンの加護を使用する視認したので、逃げ回ります。
追いつかれた場合、落ち着いて、回避します。ウォーリアスキルキャッチ&スローは選択しません。
硬直を期待してウォーリアスキルボイドシールドのみ選択します。・・・案の定、回避してきました。

安直な行動の末路

黒い砂漠モバイル PvP ウォーリアvsヴァルキリー

相手のヴァルキリーブリリアントダッシュを見て、こちらはウォーリアスキルトワイライトスカーを選択します。
回避されたので、ヴァルキリー天上の槍を期待して安直にウォーリアスキル突進突きを選択しましたが、相手のヴァルキリー光の審判により返り討ちに遭いました。
相手の使用していないスキルを考えるとヴァルキリー光の審判か、ヴァルキリー天罰が高確率で選択されると推測できるはずなのに・・・。

やられたらやり返す

黒い砂漠モバイル PvP ウォーリアvsヴァルキリー

起き上がった後すかさずウォーリアスキルボイドシールドを選択し、硬直させてから温存したウォーリアスキルキャッチ&スロー→ウォーリアスキルスラスト&スロー→ウォーリアスキル怒りの咆哮とコンボを繋げます。
相手に最大ダメージを与えるなら、ウォーリアスキルボイドウォーリアスキルボイド→ウォーリアスキル回転切りがベストですが、最も相手とのダメージ差が開くのはウォーリアスキル怒りの咆哮です。
この違いをしっかり覚えて使い分けましょう。
このやり取りで、相手とのダメージレースは、こちらが若干有利となりました。

2回目のやりとり

黒い砂漠モバイル PvP ウォーリアvsヴァルキリー

スキルのクールタイムを稼ぐために、ウォーリアスキル突進突きで距離をとります。
距離を開いた相手は、回復を打つだろうと予想し、ウォーリアスキルスラストバトルスピアを選択しますが、ヴァルキリースキルブリリアントダッシュを視認したので回避します。
直後、相手がこちらに接近するのを見えたので、ウォーリアスキル回転切りを選択します。
そのまま攻めてくる相手に対して、ウォーリアスキルキャッチ&スローを選択しましたが、ウォーリアスキルスラスト&スローが使用できないため、しぶしぶウォーリアスキルトワイライトスカーのみを選択します。

攻守のメリハリ

黒い砂漠モバイル PvP ウォーリアvsヴァルキリー

相手が起き上がった直後、ヴァルキリースキルエリアンの加護を使用するのを見てすぐさま回避→ウォーリアスキル突進突きで距離をとります。
こちらは、ウォーリアスキルキャッチ&スローを消耗しており、仮に打ち合いに勝てたとしても大したダメージを与えることはできません。
自分が攻めづらい状況だと判断したら、逃げるのが正解です。

中途半端な行動は命取り

黒い砂漠モバイル PvP ウォーリアvsヴァルキリー

逃げる途中でウォーリアスキルキャッチ&スローのゲージが3/4程回復しているのを確認し「少し戦っていれば、途中でたまるだろう」と思い、ウォーリアスキルボイドシールドを選択し、相手との距離を詰めます。
カメラ視点の関係で確認できないが、相手の動作が止まったので硬直しただろうと判断し、ウォーリアスキルスラスト&スローを選択します。
ここで、相手が硬直をしておらず、攻撃を回避されます。
ウォーリアスキルスラスト&スローは、敵から遠い状態で失敗すると剣を突き刺す動作のみですが、敵から近い状態で失敗すると遠いと剣を突き刺した後謎の蹴り動作が入り、キャンセルもできなくなります。
しまったと思った矢先、相手のヴァルキリースキル天罰→ヴァルキリースキル光の審判のコンボにより大ダメージを受けました。

千載一遇のチャンス

黒い砂漠モバイル PvP ウォーリアvsヴァルキリー

予想外の出来事によりウォーリアスキル突進突きを使用して距離をとり、ウォーリアスキル怒りの咆哮を選択して心を落ち着けます。
メンタルケアも戦いでは重要です。
相手が天上の槍で追い打ちしてくるのを見て、牽制にウォーリアスキルスラストバトルスピアを打ちます。
安直すぎてあたらないだろうと踏んでいましたが、偶然にもヒット!!ラッキー!!!
すかさずウォーリアスキルキャッチ&スロー→ウォーリアスキルスラスト&スロー→ウォーリアスキルボイドウォーリアスキルボイド→ウォーリアスキル回転切りを選択します。
相手のライフ残りも残りわずか!!

トドメはトワイライトスカー

黒い砂漠モバイル PvP ウォーリアvsヴァルキリー

相手が壁側に近いため攻撃範囲が広く、リスクが少ないウォーリアスキルトワイライトスカーを選択。
詰めに入るときは焦らず、残っている内は安全な選択肢をとります。
相手の行動として回避か、ヴァルキリースキルブリリアントダッシュの2択だろうと思っていましたが、選択されたのはブリリアントダッシュに見せかけたヴァルキリースキルエリアンの息吹!!
相手の残りライフを全て削り取り、勝負アリ!

振り返りと動画

今回はこちらの思惑通りウォーリアスキルキャッチ&スローを温存してしっかり使用することができ、こちらのペースを維持しつつ戦うことができました。
ですが反省点も見つかったので少しずつでも修正していきたいと思います。
本当に楽しい戦いをありがとうございました。

この対戦の動画はこちらになります。↓(ハイライト動画の1戦目です)