PvP Freaks | PvPのコアでシンプルな情報を。

PvP Freaks Logo

【レンジャー】ガチ勢のタコサンダーが語る ―PvPでされたらイヤな立ち回りとは?【カルフェオン鯖】

TOP/レンジャー(黒い砂漠モバイル)/【レンジャー...

レンジャー

【レンジャー】ガチ勢のタコサンダーが語る ―PvPでされたらイヤな立ち回りとは?【カルフェオン鯖】

2019.07.11

著者:kerofen

戦いを、心から楽しむプレイヤー。

『レンジャー』プレイヤーのタコサンダーさんは、
Twitterで挙げているタイマンでのプレイ動画や、ユーザー間での親善試合場で
”プレイヤースキルの高さ”が伺える、カルフェオン屈指のレンジャーです。

インタビュアーは、タコサンダーさんと交流があるkerofen。
"PvPが好き"という同じ目線から、レンジャーのコアな知識や大会に役立つヒントを聞き出します。


更新履歴

7/11:記事作成

目次

プレイヤースキルを、確かめたい

―おいす~けろふぇんです!ドゥーさん、今日はよろしくお願いします!(笑)
よろしくお願いします(笑)。

―まずは、レンジャーを始めたきっかけから教えてください!
きっかけは、クロモバを始める前。このゲームをやりこむつもりだったから、職業の下調べをしていた時に
"プレイヤースキルに関わる職業"レンジャーって書かれていて、魅力を感じてやり始めた。

――大会には出るんですか?
大会は出ません。(笑)大会はスケジュール的に出れない!

最も警戒するのは"ヴァルキリー"

―えぇ!それは残念...。仮に大会にレンジャーで出るとして、一番警戒する職業を教えて欲しい!
ヴァルキリーかなぁ~。かんたんに言うと、「スーパーアーマーが多い」から。

―なるほど!めちゃめちゃコアな理由を話すと、どんな感じ?
具体的に話すと、ヴァルキリーを相手にすると「回避が足りなくなる」んだよね。
シールドチェイス→断罪の剣っていうテンプレムーブあるじゃん?
上手い人は、テンプレムーブの断罪の剣を、タイミングをズラして使ってくるんだよね。
レンジャーは近距離戦になった時、シールドチェイスが来たら回避を使わなきゃいけないんだけど、
シールドチェイス→断罪の剣を間髪入れず使ってくるヴァルキリーの断罪の剣は、
シールドチェイス時に使った回避で、断罪の剣も避けることが出来る。

だけど、シールドチェイスのタイミングで使った、回避の無敵時間が消えたのを見てから、
タイミングをズラして使ってきた断罪の剣は、もう一度回避を使わなきゃ攻撃を食らっちゃうんよね。
回避を2回使わなきゃいけなくなるから、回避がなくなってめちゃ辛い。

―それに対するカウンタープレイはあるの?
うーん、まず回避を2回使って避けること、そしてマルチアローを撃つ。
最近は風支配(スーパーアーマーのスキル)を使ってるんだけど、
回避4回+回避ブラストショット2回+風支配2回で、辛いとは言えど、理論上は敵の攻撃をいなせるから、
その間に、コンボを狙わずにマルチアローとかでダメージを与えていく。
そしたら、ダメージトレードで勝てることが多いんだけど、
ヴァルキリーがマルチアローに対してシールドチェイスの前方ガードで防いで来たら、もう勝てない!(笑)

―流石です!風支配って、回避の代わりとして使うの?防御バフついてたっけ?
攻撃を受け流すときに使うんだけど、ついてるのは攻撃バフだね!
攻撃バフがついた状態で、マルチアローとか撃って細かくダメージを稼げば、結構イケる。

―なるほど!防御バフついていないって、トレードする上で致命的と思っていたけど、攻撃バフを活かせばイケるんだ…!
そう。風支配単体だと負けるけど、その後ちゃんと当てれば(笑)。

ウォーリア・ウィッチにも警戒

―ヴァルキリーの他で警戒してる職は?
同列2位でウォーリアとウィッチかな。

―ウォーリアから、どう対応しているか教えてほしい!
今までは、風の意志を使って戦ってたんだけど、突進・ボイド・槍投げをひたすら使われたら逃げるしかなかった。
だけど、風の意志を風支配に変えてからは、突進突きをカウンターできるようになったから、めちゃ楽になった。

―風支配の使い方は職業によって違うの?
うーん、そこまで大きく変わらないかもしれない。
レンジャーは回避ブラスト後に疾風を撃つ癖があるんだけど、上手い人はそれを理解してる。
もしくは、回避ブラストを使った後の着地の硬直を狙って攻めてくるんだけど、
それに対して、回避ブラスト終わりに風支配を撃つって感じかな。

―なるほど、相手の心理をついた行動、完全に心理戦ですね!それが結構刺さるんだ。
そう、刺さる。ウォーリアとかは特に、回避ブラスト後に突進かボイドするじゃん?2分の1で勝てる。(笑)

―他の使い方はあるの?
敵のスキルのクールタイムを把握して、相手の動きを読んで使う。
例えばウォーリアなら、槍投げして、ボイドシールドして、次使うとしたら 突進突きしかないから、来るだろうなっていう読みで使う。
―なるほど、確信にも似た読みで使うってことね!

―ウィッチはどうなの?
ウィッチが苦手っていうのは、めちゃくちゃ上手いウィッチを相手にした場合。
めちゃくちゃヤダ(笑)。

―めちゃくちゃ上手いウィッチの定義は?
ファイボってスピンアローより射程長いじゃん?
それをめちゃくちゃに活かしてくるウィッチがキツい。
ファイボを見てからスピンアローっていうのは可能だけど、それだと同時に着弾することになって、
敵が硬直している間、こっちもノックバックしているからダメージに繋がらないんだよね…。

―なるほど、射程的にファイボのほうが長いから追い詰められるし、それが続くから辛いってことね!
そう、それがめっちゃ続く。
上手いウィッチなら良い距離を保ってファイボを撃っていて、
打開するために、仮に近づこうとしたら最低でも回避を2回使う必要になる。
近付いたら、ライトニングボルト・フロスト・ライプラでいなされる。
それで、敵はテレポートを1回使って、ファイボ祭りに入る。

―無理ゲー感がスゴい(笑)。対策はあるの?
唯一狙えるなっていうのが、敵がファイボを撃ってくるとき、ファイボの間合いから離れて、風に乗る羽を撃つってこと。
これだけ狙っていても、ウィッチを崩すには至らないと思うから、時折無理をしてでも距離を詰めて追い詰めるときもあるかなぁ。

負けただけでは、終わらない

―スゴい作戦的に考えてるけど、試合中に考えてるの?
そだね(笑)。でも、プレイ中は考えてない。
親善試合で負けたあと、なんで負けたのかめっちゃ考えてる。
例えば、さっきのウィッチの話しだけど、負けた理由を考えた時、ファイボに原因があったから、距離を詰めてみた。
けど、距離を詰めてもどうしようもないときがあったから、今度は逆に、離れて風に乗る羽を撃とうってなった、みたいな感じ。
―なるほど、じゃあ試合中に何か考えてるとかってよりは、負けてから対策を練って、次に活かしてる訳か!

―ドゥーさんが思う、レンジャーの心得みたいのはある?
うーん、なんだろ。何かあるかなぁ。
―例えば、昔言ってた回避と回避ブラストを交互に使う...とかどう?
あ、それはそうかもしれない。無意識のうちにやってる・・・かも。
ただ、最近は交互に使うってよりかは、相手のスキルを見て、どっちを使うか決めてる。
例えば、天罰とか。
天罰ってスキルの発生が長いスキルだけど、1発目に回避を使って回避したら、 2発目回避しなかった場合、必ず当たっちゃうんよね。
だけど、回避ブラストショットだったら、1スタックで全部避けることができちゃう。

―あ~なるほど!そういう使い方をするのかぁ!他、天罰と同じようなものはある?
思いつくのは、月光・トワイライトスカーくらいかなぁ。
あとは、レンジャーがコンボを食らった時、起き上がった時に何をするか。とかかな?

―パターンがいくつかあるの?
そだね。1つめが回避ブラストショット。
これは基本的にあまり使わないけど、敵が近くにいる時、最速で使って硬直を狙うときに使う。

2つめは、マルチアローかパワブレ。
単純にダメージを与える時に使うんだけど、コンボが終わってから逃げてる敵とか、欲張ってコンボをしてる相手の場合に使う。
3つめが、回復。
4つめが、回避かな。
―回避は、キャッチ警戒のためにってこと?
そうだね。キャッチ警戒の回避をすることもあるけど、
起き上がってから追撃する為に、敵に向かって回避することが多いかな!
例えば、相手がスキルとか回避無いなっていう攻め時のときとか。

―なるほど、ありがとう!そしたら最後。絶対にこの試合は勝ちたい!という一番勝負で、何かを考えてプレイしてるとかある?
気持ちの問題かな(笑)。
特に動きを変えるとかはない。いつもやってる動きから変えてしまうと、
逆にそっちのムーブのほうが弱くなっちゃう思うから、無い!

―さすがドゥーさん!カッコよく締めていただきました(笑)。これにて質問は終わりです!ありがとうございました!